MOTHERLODE

背ポケットに入る携行具ケース

日本製

予備チューブや工具などの携行アイテムを、ロール状の小型バッグにひとまとめにし、ジャージの背ポケットへ。今までのサドルバッグの分だけ車体が軽量化され、見た目もスッキリ。ポケットに入れるスタイルなら、アイテムへのアクセスも楽で、貴重品なども安心して入れておけます。トーストラップを使えばサドル下にも取付可能です。

携行品は、サドルバッグではなく背ポケットに、という発想。
「サドルバッグからの解放」をもたらす、専用ロールケース。

工具類やチューブなど、今までサドルバッグに入れていた物を、専用ロール状ケースに収納してそのままジャージの背ポケットに。「サドルバッグからの解放」をコンセプトに、全く新しい発想で生まれた自転車専用のロールケースです!

チューブや小型ポンプを入れるのに最適化したネットポケットと、工具やCo2ボンベヘッドなどの小物を入れるファスナーポケットを配置。昔ながらの工具袋をヒントに、サイクリング時に必要な用具を直観的に収納できるよう考えを尽くしました。

チューブや工具、携帯ポンプなどの用具を入れてクルクル巻いて、そのままジャージのポケットへ。巻いた時のサイズは長さ19cm×幅10cm以内、ちょうど背ポケットに入る大きさになります。

「サドルバッグからの解放」をコンセプトとしたバッグではありますが、ベルト通し付きなので、市販のトーストラップを利用すれば、サドルやボトルケージに括り付けられます。この使い方でも、サドルバッグやツール缶とは異なるトラッドなルックスとなり、あなたのバイクに新たな印象を与えるでしょう。

自転車に乗る時に必要な携行具(チューブ、工具など)を、
スマートに持ち運ぶ方法はないものか、を考えました。

チューブ、ポンプ、またはCo2ボンベ、工具、ワイヤー錠……スポーツバイクで出掛ける時に、必ず携行しなければならないモノ。現在ほとんどのサイクリストは、これらのモノを携行するのにサドルバッグかツール缶を使用していると思います。

しかしサドルバッグは自転車の美観を損ねるし、ツール缶はボトルのスペースを奪います。サドルバッグやツール缶以外に、これらのモノを携行する方法はないものだろうか? ……そこで生まれたのが「携行グッズを専用ケースに入れてジャージのポケットにしまう」という発想でした。

自転車の携帯用具に最適化されたポケット。

チューブ、空気ポンプ、あるいはCo2ボンベ、タイヤレバーを入れるのに最適のネットポケット×2。そして携帯工具やアーレンキー、Co2ボンベヘッドやワイヤー錠などの小物を入れるファスナーポケット。自転車に乗る時に必須のアイテムを、直観的に収納できるよう考えを尽くした、自転車乗りのためのロール式ツールケースです。

巻くか三つ折りにすれば、ジャージの背ポケットにスッポリ。

携行具を入れたら、巻くか三つ折りにしてポケットへ。長さ19.5cm、幅は10cm以内(標準的なジャージの背ポケットのほぼ大きさと同じ)になりますので、そのままジャージの背中ポケットにスッポリ収まります。

18cm以内なら、携帯ポンプも収納OK。
これで車体は装着品からフリーに!

今までサドルバッグに入れていたアイテムのほか、18cm以下の長さなら携帯ポンプだって入ってしまいます。前後のライトも入れてしまえば、ロードレースの選手同様、サドルバッグも携帯ポンプもライトも何も装着しないスッキリした車体でトレーニング、ポタリングに出発できます。

予備チューブが2本入ります。

比較的軽量なチューブをしっかり畳めば、2本収納することができます。その他にも、大小二つのネットポケットを活用して、あなたならではの使い方を見つけてください。

自転車用のツールに限らず、いろいろ使えます。

「背ポケットに入る小物入れ」ですので、チューブなど自転車用品に限らず、色々入ります。例えば写真のように、ネットポケットにはスマートフォンとカード、ファスナーポケットにはお札・コイン・カギなどを入れれば、サイクリング時の貴重品入れとしても使えます。

市販のトーストラップでサドル等に装着すれば、
トラッドなロール状バッグに。

ベルト通し付きなので、市販のトーストラップなどを利用すれば、サドルやボトルケージに装着できます。細く巻いて装着すれば、ペダリングの際に腿に当たることなく、サドルバッグやツール缶と同じ感覚で使用することが可能です。ポリエステル製ながら帆布のような質感の布地ですので、スポーティなサドルバッグとは異なる、トラッドなコーディネートになります。
(トーストラップは付属しません)

トップチューブやハンドルに括り付ける方法も。

市販のトーストラップを利用すれば、トップチューブやハンドルバーに括り付けることも可能です。長いツーリングで、サドルもボトルケージも塞がっている場合など、更に自転車の積載能力を高めたい時の、「あともう一つのバッグ」として役立ちます。

独自の風合いを持った、軽量・撥水ポリエステル素材。

表地の素材はオックスステップを採用しました。軽量なポリエステル製でありながら、帆布のようなザックリとした独自の風合いを持った生地。ナイロンのようなテカりがなく、落ち着いた質感の艶消しブラックです。撥水性がありますので、多少の水滴は生地を通しません。

国内工場で、一つひとつ職人の手作業で仕上げています。

製造・縫製はすべて日本の国内工場で、一つひとつ職人の手作業で行われています。職人の手によるしっかりした縫製と、丁寧な仕上げでお届けいたします。

ネイビーカラー新登場。

お陰さまでご好評いただいている携行具ケース、従来のオールブラックに加えネイビーカラーが新登場。どちらかお好みのカラーをお選びください。

カラー:オールブラック/ネイビー
表地:オックスステップ600d(ポリエステル)
裏地:ナイロンオックス210d
ベルト通し:牛革
サイズ:幅340mm×縦195mm
(三つ折りにした状態で幅約100mm)
重量:52g
Made in Japan 日本製

MOTHERLODE 日本製

背ポケットに入る携行具ケース

販売価格 3,800 (税抜)

(税込価格 4,104円 )

+送料全国一律500円(税込)

  • 携行具ケースカラー:
数量:
MOTHERLODEの製品は、当サイトでのみお買い求めいただけます。一般の店舗や他のwebショップでは取り扱っておりません。